Jメール人妻をゲット!経験の浅い人妻が感度抜群で気持ちよかった話

Jメール人妻をゲット!経験の浅い人妻が感度抜群で気持ちよかった話

こんにちは。
私は相変わらず、出会い系で浮気主婦と遊びまくっています。

30代前半の時に付き合っていた彼女に振られたのがきっかけで、出会い系を始めて2年以上。

すでに何度か出会い系で会ってセックスまで至っていて、特に人妻とのセックスが辞められません。

病気なんでしょうか?笑

でもそれに顧みず。
今まで培ってきた出会い系ノウハウで、引き続き人妻を狙っていきます。

Jメールで人妻とやり取り開始

私が愛用しているサイトの1つがJメール。
たまたま平日の水曜日に休みが取れたのもあって、じっくり触っていきます。

セックスに飢えてそうな人妻はいないかとプロフィール検索していくと。
どうも金銭が絡みそうな予感の書き込みばかり。

そこで、Jメールの機能の一部である「人妻の誘惑」掲示板を見てみることに。

すると、やはり平日の昼間だけあって人妻の投稿が多い!

人妻の誘惑なだけあって、誘惑してくるような投稿が沢山ですね。

早速投稿していた3人にメールを送り、返信を待ちます。
メールは以下のような感じで送りました。

「初めまして、〇〇さん。掲示板みてメールしました。
かなり溜まっているようですね?
 
旦那さんとは長くしていないんでしょうか?
よかったらやり取りしてみたいので、イヤじゃなければ返信お願いします。」

ポイントは、誠実かつ紳士的に。
常識があると感じさせるような文章を送ることです。

面白い事とか他の男性と差別化を図ることは書かなくても、ちゃんと返信はもらえます。

Jメールで人妻探し

ところが結局、返信はゆう子さんという女性1人だけ(笑)

まぁ返信率は100%ではないので。
3通送って1人返ってきただけでも十分ですね。

返信のあったゆう子さんのプロフィールはこんな感じ。

  • 26歳の既婚者で結婚3年目
  • 小柄で細身、仕事は事務職
  • 千葉市在住で子供は無し

結構真面目だけど、実はエロいって感じの人妻かなーと感じました!

これはまたまた人妻ゲットできそうな予感がします。

 
「初めまして、メールありがとうございます。
長くしていないというより、あまり経験が無くて夫とは淡泊だし、それでまた出会い系始めてしまいました。」

「そうだったんですね!結婚前から出会い系してたんですね。
何人くらいと経験があるんですか?」

「結婚前は出会い系で2人としたことがあります。
ただ、あんまり上手な人じゃなかったです。」

会話をしていると、すごく真面目さが伝わってくる人妻。

ですが真面目そうな女性ほど、実はエロいというのはよくある話。

出会い系で真面目そうで固そうな女性とやり取りしてしまったとしても、相手のエロを引き出せれば勝てます。

 
「よかったらラインでやり取りしたいんですけど、イヤだったら大丈夫ですよー。」
「ライン大丈夫ですよ。ID教えてください。」

かなりスムーズに人妻とライン開始です。

ライン内で人妻とエロトーク

出会い系サイトからラインに移動できれば、後は会うまでどう話を持っていくかですね。

彼女はエロトークにも耐性がありそうなので、最初からその気にさせる方針で攻めていきます。

 
「こんにちは。Jメールのゆう子です。」
「追加ありがとうございます。テツヤです!
良かったらお互いタメ口でもいいですか?」

「大丈夫だよ。テツヤ君は彼女いないの?」
「いないんだよね、1年くらい前に別れちゃって。
今は出会い系で彼女も作れたらなーて思うけど、遊ぶことも多いよ笑」

「じゃあ、結構経験豊富そうだね笑。
私はほんとに旦那以外2人としかしたことないし、その2人も1回したくらいだからね。」

「そうなんだね!体位は何が好きなの?おれはバックかなー。」
「うーん、何だろう…正常位?あんまり体位わからないかな笑」
「寝バックとか気持ちいいらしいよ?男も気持ちいいけど。」
「寝バックはしたことない!そうなんだ、気持ちいいんだね…」

好きな体位を聞くとエロトークに入れるのが、私の攻め方ですね。

女性がしたことのない気持ちいい体位を言って興味を持たせることで、その体位をしたいと思わせます。

マイナーな体位を探して、気持ちいいらしいという事を言ってあげると食いつく人が多いんですよ。

 
「寝バックしてあげようか?お互い気持ちいいみたいだから。」
「いいの?じゃあ、お願いしようかな♪」

やりました!
こうなれば当日は人妻とのセックスコース確定です。

やっぱり出会い系にはセックスに飢えた人妻が多いですね。

セックス経験の浅いうぶな人妻とホテルへ

次の火曜日のお昼1時。
千葉駅で人妻さんに待ってもらい、私が車で迎えにいくことに。

車で駅のロータリーに着いたことをライン電話で言い、車のナンバーを教えます。

しばらく待っていると、窓をコンコンと叩く音。
見ると、人妻は顔が分からないようにマスクをしています。

実際に会ってみるとスタイルは細身で、おっぱいはCカップほどありそう。

そして車に乗ると、マスクを外す人妻さん。
顔も程よい丸顔で可愛らしく、丸顔にショートカットが良く似合います。

 
「初めまして。テツヤ君だよね?合ってる~?」
「もちろん。もう車乗ってるじゃん!(笑)
今日は旦那さんどうしてるの?」

「旦那は友達とゴルフに行ってるから、夜まで帰ってこないよ。」

絶対にバレてはいけないので、旦那さんの動きも確認しておきます。

 
「テツヤ君、プロフィールに細マッチョって書いてあったね。楽しみ♪」
「ホテルに着いたら全部見せてあげるね。」

車内で和やかにトークをしながら、自然にホテルへ向かいます。

今からホテルに行くということは言わなくても、すでにお互いやる気満々。

こういう時は男性からリードした方が、女性からの評価が高くなりますね。

シャインというホテルの駐車場に着き、人妻の手をとってホテルの中へ。

 
「うわー、ラブホって久々だからドキドキするなー。」
「おれもドキドキしてるよ。ゆう子さん綺麗だもん。」

うぶな人妻でしたが、こちらからキスをすると彼女の方から舌を入れてきます。

3分くらいディープキスを楽しんだ後は、お楽しみの混浴タイムです。

 
「お風呂に入ってからがいいよね?先に入る?」
「テツヤ君からでもいいよ?それとも一緒に入る?」

待ってましたその言葉。
ここで一緒に入らない男がどこにいるのでしょう。

まずは自分から全裸になって、人妻が脱ぎやすくさせてあげます。

Jメール人妻と入浴

お風呂で人妻とイチャイチャ

女性は脱ぐときに絶対恥ずかしがるので、男性から脱いであげれば女性も羞恥心を和らげることができます。

人妻がブラを外すと、予想より大きいおっぱいが露わに。

 
「ゆう子さん、何カップ?Dはありそう。」
「なんでわかるのー?Dだよ笑」

と言いながら現れるフサフサの剛毛マン毛。

 
「おしっこしたくなったからあっち向いててー。」
「おしっこするの?ちょっと見てみたいな~。」
「絶対ダメー!笑、恥ずかしいよ!」

さすがにおしっこは見せてもらえないか(笑)

その代わり、人妻の慣れていないフェラチオを堪能。

まるでソフトクリームのように、玉の下から先っぽまでベロ~っと舐めてくれます。

慣れていないフェラでたまに歯が当たりましたが、一生懸命ジュポジュポしてくれたのは嬉しいですね。

色んな体位に興味深々の人妻、寝バックにハマってしまう。

イチャイチャした混浴タイムが終わると、二人とも全裸のままベッドへ向かいます。

人妻はすでにお風呂で出来上がっていて、今にもセックスしたそう。

 
「もう我慢できないからチンチン入れるね!」
「うん!テツヤ君いっぱい気持ちよくなっていいよ?」

始めに正常位をして立ちバックへと体位を変えます。

「アッアッ!アンアン!気持ちいい!」
パンパンパンパン!と音を上げる感じがいいですよね。
激しく突いて、お尻に当たる感覚が最高です。

チンコを抜くと、目がトロンとしている人妻さん。

再びベッドへうつ伏せに寝かせて、ラインで話していた寝バックの体勢でチンコを入れます。

「んんっ!奥まで入ってる…これやばそう…」
と言ってよがっている人妻を突き上げます。

「ヤバイこれ気持ちいい!ダメ!おかしくなる!」
「ゆう子さんのマンコ気持ちよすぎて、おれもうイクよ!イクっ!」

寝バックで最高の発射。
お尻に当たる感じが気持ちよすぎて、精子全部持ってかれました(笑)

人妻とセックス

人妻との寝バックが最高過ぎた

人妻とは一回きりの関係でした

セックスをした後はしばらくイチャついて、バレない時間のうちにお開き。

彼女とのセックスが気持ちよかったので、セフレにしたい!

そう思い、翌日に彼女にラインで次の会える日を聞き出します。

「昨日はありがとう、楽しかったよ。またイチャイチャしようね。」
1時間ほど経ってラインを見てみると。

「こちらこそありがとう。
でもやっぱりいつまでも遊んでいられないから、これっきりにしたい…」

まさかの人妻から関係を切りたいと一言。

残念ですが、こういう場合はさりげなく諦めたほうが、しつこいやつと思われず気持ちよく関係を辞められます。

次のセックス相手を探すことができると余裕をもつことも大事ですね。

「そっか、わかった。旦那さんと仲良くね。ありがとう。」
それ以降、彼女のラインは削除。
さっさと未練を断ち切って次の相手を探すか~。

でもやっぱり、彼女との寝バックの気持ちよさは忘れられないですね(笑)

人妻セフレを探す