保育園のママ友とセックス、セフレになった体験談

結婚してしまうと出会いがない…

そう考える既婚男性は多いですよね。
ですが、出会いの場が変わることで会える女性もいるんです。

例えば人妻や熟女、シングルマザーなど。
これらは独身では、出会い系からでしか知り合えない相手です。

今回は保育園のママ友という、一見一番出会いにくそうな状況から人妻と不倫になれた体験談です。

保育園は既婚者にとっての出会いの場

共働きの世帯が増えている昨今、保育園の需要は高まるばかり。
例にもれず、私も次男を保育園に通わせている親の一人です。

うちも共働きなので、昼間子どもを見ていてもらえるのは本当に助かるんですよね。

そんな保育園ですが、保育園を通して人間関係ができるのは子どもたちだけではありません。

実は大人同士もそうなんです。

最もよくあるのは、いわゆる「ママ友」の関係。

たとえば私の妻は、長女が通園していた時のママ友たちと今でもよく飲みに行ったりするほど。
母親同士の結びつきは卒園後も根強いものがあるようですね。

そして、もう一つ見過ごしてはならないのが「ヤリ友」の関係。
保護者同士という一線を越えて男女の仲になってしまう、いわば不倫関係のことです。

このパターン、案外多いみたいで、チラホラ噂を聞いたりもします。
まぁ、大きな声では言えませんが、私自身も現在進行形で別の保護者と不倫中…。

先月頃から年下の人妻とセフレの関係になってしまいました。

ということで、今回はその彼女と知り合ってから今に至るまでのことを少しご紹介させていただこうかと思います。

ママ友セフレとの出会い

私は、横浜のとある病院の医療事務をしている39歳。
二児の父で、現在下の子が保育園の年長でお世話になっています。

妻は別の職種の正社員ということもあって、定時で終わりやすい私が保育園のお迎えを担当することに。

大体いつも保育園に着くのは18時30分頃。
ですが、今年度になって、たびたびその時間帯に顔を合わせるようになったママがいました。

もともと好みのタイプの女性だったので気にはなっていたのですが、どうも、うちの子と同じクラスに新しく入ってきた子のお母さんだとのこと。

ほぼ日々顔を合わせるうちに、互いに会釈し合う程度の顔見知りにはなってしまいますよね。

幸い、子ども同士が仲良しなのもあって、ゴールデンウィークが明けた頃には、ひと言ふた言ほどの会話をするように。

そんな彼女ですが、保育園にお迎えに来る時は制服姿がほとんど。

最初はヤクルトレディーでもしているのかと思ってましたが、あとで聞くと実際は某中小企業の事務職のパートに通っているそうです。

保護者にはもちろん人妻も

少し茶色がかった髪を高めの位置で1つに束ねていて、毛先はアクティブな感じで少し広がっているようなヘアスタイル。

ドラゴンボールのブルマが同じような髪型をしたら似てるかもなぁ、なんて思ったこともありました。

また、制服に包まれた体つきは結構メリハリのあるようにも感じました。
クリクリっとした目や、八重歯の可愛い口元なども魅力的。

顔を合わせるごとに彼女のチャームポイントはどんどん私の心の中に蓄積されていきました。

「お疲れさまです~」

いつも気さくな笑顔で声をかけてくれる彼女に、私が次第に好意を抱くようになったことは言うまでもありません。

保育園の行事を通してさらに急接近

そうこうしているうちに、季節は初夏に。

通っている保育園は横浜の港北区、大倉山エリアにあるしっかりとした保育園。
保護者が園の運営をサポートすることもしばしばです。

その一環として毎年夏の初め、つまり雑草が生い茂ろうとし始める頃、園内整備の日というのが設けられています。

土曜日の午前中に保護者が園内の清掃を行う内容ですが、うちからは今年は私が参加することに。

まぁ、それが今回の事の発端、といっても過言ではないでしょうね。

もちろんその日は、例の彼女も清掃に参加していました。

クラスごとに担当場所が決められているので、必然的に私と彼女は同じ場所を掃除することに。

最初は面倒に感じていた清掃作業も、彼女が来ていると知った途端、心なしか気持ちもはずみ、チラチラと様子を窺いながら手を動かしていました。

いつもの制服姿と違ってチノパンとポロシャツ姿の彼女。
汗がさわやかに光り、私の中でまたもや好感度がアップします。

スケベ心がムクムクとふくらみ、少しずつ近づいていく私。

ちょっとしたハプニングがママ友のエロスイッチをONに

すると衝撃的な出来事が起こってしまいました。

彼女が雑草を抜こうとしゃがんで作業した際、彼女のローライズ気味のチノパンの下から、レモンイエローのパンティが顔を出したんです。

しかもそれがまたTバックなんです。

結構チノパンがずり下がっていたので、パンティの「T」の字の横棒の部分が見えてしまっており、私は思わずガン見してしまいました。

生唾を飲むっていう表現は、まさにあの時の私にピッタリ。

エッチの時に、淫らに顔を歪めて喘ぐ彼女を想像するのには1秒もかかりませんでした。

そしてなおかつ、幸か不幸か、私がガン見していることに気付いてしまう彼女。

「あっ、すみません、恥ずかしいところを…」

あわてて立ち上がってチノパンを直しつつ、テヘペロ的な表情を浮かべるのがちょっと小悪魔的でたまりません。

なんとなく自分と同じようなノリを感じてしまったので、私もあわよくばと思い声をかけます。

「カワイイのはいてますね」

すると

「あれ?興味ありますぅ?」

なかなかの脈ありぶり。

私たちは、担当が園庭の周囲の清掃であることをいいことに、人目につかないようなところの清掃をしながら、互いの身の上話などをして一気に距離を縮めていきました。

不意のエロシーンに興奮

彼女は今年度から引っ越してきて保育園に通わせています。
最初は不安も多かったらしいですが、だいぶ慣れてきたとのこと。

いつも私とお迎えの時に顔を合わせると、少しハッピーな気分になるんです、などとお世辞もお手の物です。

そんなことを話しながら、結局、LINEを交換しその日は終了。

「お疲れ様~、またLINEしますね~!」

解散後、小走りに去っていく彼女の胸が、ポロシャツの中でユッサユッサ揺れているのを見て、絶対にセックスしてやる、と心に誓ってしまいました(笑)

ママ友とセックスするにいたった経緯

さてその夜、誓いを実現すべく、勇み足気味ですがこちらからLINEをしてみました。

私は土曜出勤がある代わりに、平日に休みがあることも少なくありません。
たまたま次の火曜日が休みだったので、イチかバチか会えないか聞いてみることにしました。

昼間の会話で、彼女も平日に休みが作れるということは聞いていました。

早速、明々後日の火曜日に会えないかと提案。
すると、「気持ち的にはぜひともだけど、週明けに調整してみないとわからない」とのこと。

まぁ、普通そりゃそうですが。

本心を言っているのか、断る伏線を張っているのか…
この段階ではフィフティ・フィフティですよね~。

おかげで、悶々とした週末を送ることとなりました。

そして運命の月曜日、10時頃にLINEが届きました。

「明日、調整ついたので、会いましょっか」

仕事中だったのでガッツポーズは心の中で密かに。

彼女、どうやら朝イチでいろいろ予定を変更してくれたみたいです。
私も即座に返信を送ります。

「やった~。楽しみです。レモンイエローのアレ、はいてくる約束でお願いします~」

その日は浮足立った気分で仕事を終えました。

夜に保育園でも彼女に会えるかなぁと思っていましたが、どうもその日は彼女の帰りが遅くなっていたようで会えずじまい。

今思えば、翌日休みを取るためにその日は多めに仕事をしていたのかもですね。

ついに保育園のママ友とセックス

翌日の火曜日、私が待ち合わせに選んだのは東急東横線、新丸子駅の東口のドトールコーヒー。

お互いの勤務先とは逆方向に電車で10分のところで、案外穴場なんですよね。

お互いの家族が出払った頃合いを見計らい、9時半に待ち合わせ。
約束通り来てくれた彼女は、デニムと白のカットソーというシンプルなスタイル。

サンダルから可愛いペティキュアをのぞかせて、一層爽やかな印象です。

事前のLINEのやり取りからして、まぁやるとこは一つ、といった感じ。

回りくどい前置きは抜きにして、コーヒーを飲み干したら早速ホテルに向かいます。

丸子橋のたもとにある「ホテル二番館」には歩いて10分もかかりませんでした。

部屋に入ってあらためて向き合ってみると、そこにいたのはママではなくて一人の女。

そういう関係になることに戸惑いや期待の入り混じった気持ちで、初めはお互いドキドキしていましたが、やはりカラダは正直なもの。

「これって…、私たち、いいのかな…」

彼女が言い終わらないうちに、その口をふさぐようにして私からキスしてしまいました。

「出会っちゃったら仕方ないよね…」

私は耳元で囁きながら、彼女を強く抱き寄せ、さらに舌を絡ませるように突っ込んでいくと、それに応えるように抱きしめてくる彼女。

やはり、お互いの本能的な勘は間違いではなかったようです。

他人の女というのも心踊ります

カラダが密着するにつれ、彼女の胸のボリュームが予想以上に伝わってきます。

早く触りたくなって、カットソーの下から手を入れてブラのホックをはずし、乳房に手を進めると手のひらでは収まらない豊満なバスト。

ブラのカップの中で乳首が窮屈そうに隆起しているのがわかりました。

上を脱がせてすぐにでも乳首に吸い付きたい気分でしたが、例のTバックの約束にも少し興味があったので、デニムを脱がせます。

すると現れたのは、あの日のレモンイエローのTバック。

「あ、恥ずかしいところを…」

冗談っぽく彼女があの日のセリフをリプレイしたのですが、すでにすっかり興奮してしまっていた私。

「すごいエロいのはいてるよね~」

尻肉を鷲掴みにしながら返してしまいました。

そのまま指を進めて尻の両サイドから彼女の秘部に到達すると、一瞬彼女は「んあっ」と体を震わせてしがみついてきます。

Tバック越しにゆっくりと割れ目を前後するにつれて、細いパンティ部分はすぐに湿り気を帯びてきました。

あの日思わず目に入ってドキッとしたTバックを間近で見てみたかったので、私は彼女に提案。

「手をベッドについて尻を高く上げてみてよ、せっかくTバックはいてきてくれたんだし」

「そんな恥ずかしいポーズするの?」

さすがにいきなり抵抗があったのか、確かめるように彼女が尋ねてきましたが。

そんなことはお構いなしに半ば無理やりその姿勢をさせて、オマンコのビラビラに食い込んだTバックをじっくりと眺めてみました。

「もういいよね、恥ずかしいよ…」

足をくねらせながら耐える彼女のTバックは、すっかり愛液が染みわたって少しくすんだ黄色になりつつあります。

割れ目に指をすべり込ませてみると、「だ、だめっ」と声を漏らしながらも感じる彼女。

Tバックをはかせたまま、手マンでしばらくGスポットを刺激してみると、ついつい自然に腰が動いてしまうようです。

そうこうしているうちに、肉付きのいい尻とグチョグチョになったTバックがあまりにも卑猥で、私も我慢ができなくなってしまいました。

「Tバックの約束守ってくれたお礼に、オチンチン入れてあげるね」

そう言いながら、その姿勢のまま立ちバックで挿入。

「ぅうっ、あぁ」

声を上げつつ、彼女はそのマン肉で生チンポを包み込みます。

ボリュームのある胸を後ろから揉みしだきながらしばらく突いていましたが、あまりのマン圧に結構チンポの快感も高まってきてしまいました。

ベッドに寝かせてゴム挿入へ移行せざるを得ません。

ピストン運動の際、さすがにTバックとチンポが擦れてやりづらかったので、彼女を全裸にしてあらためて仕切り直したっていう感じでもあります。

相性のいい体でセックスも最高潮

正常位の姿勢で彼女を見ると、30代半ばとは言えハリのあるカラダをしていて驚きでした。

いやらしい肌が吸い付くようで、思わず汗だくになりながらガッツリ突きまくってしまうほど。

「こんなの久しぶり、なんかすごくない?」

顔を紅潮させながら漏らす彼女。

「奥まで来てるよぉ」

感じながら中イキを繰り返している様子に、男として愛おしさを感じてしまいます。
キュンキュン締め付けられて我慢も限界。

「やっぱ、これ、出会っちゃったよね…」

最後は彼女と見つめ合いながらキスハメし、そのままフィニッシュとなりました。

ママ友セフレと濃厚エッチを楽しむ日々

こんな感じで記念すべき第1回戦を交えたその日以降は、快楽の淵へととめどなく落ちていくことに。

なかなか休みを合わせるのが一苦労ではありますが、最近では半日でも時間が合えば新丸子のホテルに足を運んでます。

保育園で顔を合わせた時は、単に保護者同士のパパとママというだけ。
でもホテルで肌を合わせる時は、本能丸出しのオスとメスとなってお互いを貪り合う関係となっている今日この頃です。

お互いに子供がいて、似たような環境だからこそ知り合えたとも言えますよね。

結婚していても「繰り返しの生活から少し抜け出したい」「独身の時のように遊びたい」という気持ちに火がつくことは男女ともにあります。

しかも夫婦間でセックスレスの人妻だと、余計に性欲が燃え上がります。

久しぶりのセックス、久しぶりの恋愛、久しぶりのドキドキ感…

独身女性には無い、人妻の激しく吸いつくような魅力です。

今回の体験談のように日常の中で出会うこともありますが、やはり身近だとバレるリスクがつきもの。

だから出会い系サイトで「いい出会い」を探す人妻も多いんですよ?

出会い系サイトだと既婚男性のみでなく、もちろん独身男性だって人妻と会えるチャンスはたくさんあるんです。

そんな人妻との出会いにオススメな出会い系はワクワクメール。
ぜひあなたもワクワクメールで人妻との「いい出会い」を探してみてくださいね。

人妻に人気のワクワクメール