ローターで乱れ狂う人妻がエロすぎた!ラブホでのエッチな体験談

知人の人妻がラブホで晒した本性!ローターで乱れる姿がヤバすぎた

こんにちは、健太です。
独身で彼女もいない、30代半ばの介護職員です。

私は年上の女性が好きで、普段から人妻を口説くためのサイトを愛読。

出会い系の人妻とセフレになったことも何度かあります。

そんな私でも想定外だったのは、職場の介護施設での出会い。
相手は施設利用者のご家族である、40代半ばの専業主婦なんですが…

いつもの清楚な雰囲気から豹変し、ラブホで乱れ狂う様は目を疑うほど。

良い意味で裏切られました(笑)

今回は、ローター狂いの人妻とのエッチな体験談を紹介します。

家族に内緒のメッセージで知った人妻の本音

彼女と知り合ったのは、ご夫婦で施設へ面会に来た時です。

時おり子供も連れてきて、親子3代で仲良く過ごしていたり。
まさに幸せな生活を送っている家族という印象でした。

転機になったのは、偶然見つけた彼女のFacebook。

そこには日頃のイメージとは真逆の姿があり、義両親や旦那さんへの不満が書き綴られていました。

とりあえずアカウントをフォローすると、翌日にはフォローバックがあり…
この時点で、彼女も私だとわかっていたようです。

送られてきたメールも、秘密にしてねといった内容。

「こんにちは。
いつも義母がお世話になっています。
って言っても、投稿した内容も見ちゃいましたよね?
義母も主人も外面ばかり良くて疲れちゃってて…
全くSNSをみない人達なので、ネットの世界でストレス解消していました。
黙認していただけると助かります」

その後、軽いお話でもという流れでLINEを交換。
いつの間にか、毎日メッセージのやり取りをするようになっていました。

彼女も家族に内緒でLINEをするのが楽しかったみたいです。

仲が良く縮まるのに、それほど時間はかかりませんでした。

最初のLINE交換は世間話をするぐらいでしたが、ここで愛読していた「人妻を落とすノウハウ」が活きてきました(笑)

聞き役に徹して相手を理解しつつ、色々と情報を聞き出していきます。

人妻との会話は世間話でも楽しい
人妻との会話は世間話でも楽しい
徐々に踏み込んだ会話に
徐々に踏み込んだ会話に

  • 旦那さんと義父が喧嘩ばかりで、間に挟まれて気が滅入っている
  • たまには落ち着いたレストランで食事をしたがっている
  • 旦那さんとは3年近くセックスレス

どうやら私が思っていたより、幸せな状況でもなさそうな様子です。

親密度が上がると、LINEの会話もだんだん過激に。
そして、彼女の方から「デートしたい」と言ってきました。

すっかりエロい話題ばかりに
すっかりエロい話題ばかりに
セックスできそうな雰囲気
セックスできそうな雰囲気

楽しみで仕方がなかった私は、入念にデートコースの下調べ。

彼女が「興味がある」と言っていたローターも、ネットで買っておきました(笑)

人妻とラブホへ行くことに成功

人妻を確実にラブホへと連れこめるよう、攻略テクニックのノウハウを改めて熟読。

デートコースもしっかり準備して、万全の状態です。

待ち合わせは、ルミネ新宿のカフェ。
そこからシティホテルのレストランに移動して食事をします。

もちろん、近くのラブホもチェック済み。
例のローターもカバンに忍ばせて、セックスの準備も抜かりありません。

デート当日になり新宿へ。
先にカフェについてドキドキしながらコーヒーを飲んでいると…

いつもと雰囲気が違う彼女がやってきました。

「遅くなってごめんね。
ちょっと準備に時間かかっちゃって。」

「こっちも着いた所なんで、全然待っていないですよ。
じゃあ、食事に行きましょうか。」

「はい。今日はよろしくお願いします。」

ニコッと微笑む人妻に、ドキッとする私。
笑顔の女性というのは、それだけで男心を沸き立たせてくれます。

たわいない話で盛り上がり、とても楽しい食事時間を過ごせました。
自然とお酒も進み、彼女もすっかり上機嫌です。

ただ少し飲み過ぎたのか、
帰りはかなり千鳥足になっている人妻。

「なんか楽しくて飲みすぎちゃったかな?
ちょっとフラフラしてきたかも?」

「大丈夫ですか?終電までちょっと休んで行きましょう。
まだ一緒にいたいし、酔ったまま1人で帰るのも危ないですよ。」

「え~でも浮気になっちゃわない?
でも、なんかそういうの…ちょっと嬉しいかも…」

駅までの道中は、ラブホ街付近を通るよう計算済み(笑)

そしてラブホの前で入ろうと誘ったら、あっさりと連れこむ事に成功!

彼女も内心は期待していたのでしょう。

職場に関係ある人妻をラブホに連れ込むなんて、初めての経験。
上手く連れこむ自信はありませんでしたが…

案ずるより産むが易しで、意外と何とかなりました(笑)

ローターで乱れまくる人妻に興奮!

酔っ払っていたこともあり、部屋に入ると表情がますますエロくなる人妻。
仕草も大胆になり、大股を開いてソファーでうなだれています。

普段は清楚な人妻の、だらしない格好。
興奮しないはずがありません。

ラブホで泥酔している人妻
ラブホで泥酔している人妻

まずは彼女の隣に座って、とにかく褒めまくります。

「すごく色っぽいですね。最高です!」
「10コ近く下の男性にそういう風に言われるのって、なんか嬉しいな…」
「本当に綺麗です。
10コ年上とか信じられません」

会話が途切れたところで、当たり前のようにキスすると…

「うん…」

抵抗もなく、甘いため息を漏らしながら舌を絡ませてきます。

「そうだ、プレゼントがあるんだった。
前に興味あるって言ってたでしょ?使っている所見せてよ」

そう言って、カバンからローターを出して渡しました。

「え~使った事ないし、わからないよ~」

少し恥ずかしそうにパッケージを開ける彼女でしたが、興味津々なのは明らか。

箱から出したローターを握らせました。

「ね、早く使ってみてよ。
せっかく用意してきたんだしさ」

「もう、しょうがないな~」

さりげなくボディタッチすると、デレデレになってエロい表情を浮かべる人妻。

お酒で羞恥心も薄くなっているのか、見ている前でローターを使い始めました。

ここまでくると、普段の清楚な人妻の見る影もありません。

ローターを使い始める人妻
ローターを使い始める人妻

どうやら見られて興奮する性癖があったようで、どんどんオナニーに夢中に。
喘ぎ声も腰の動きも大きくなっていきます。

スマホで撮られていることにも気付かず、自然と淫らなポーズまで。

ローターに夢中になってしまいました
ローターに夢中になってしまいました
体位を変えてローターを当て続ける
体位を変えてローターを当て続ける

「あん!うん!これ振動が気持ちいい…
ねぇ、これでいいの?」

「すごくエッチで最高だね。
オマンコもぐちゃぐちゃになってて可愛いよ」

「やだぁ…恥ずかしい」
「もっと使っていいよ。でもこっちのも咥えて…」

ローターでオナ狂いする人妻の姿に、チンチンの我慢も限界です。

勃起したチンチンを口元に近づけると、そのままパクリ。

ローターとフェラで悶える彼女
ローターとフェラで悶える彼女

ローターのモーター音と、フェラのジュポジュポ音が部屋中に響いています。

しばらくは人妻のねっとりフェラを楽しんでいましたが、彼女も我慢の限界だったのでしょう。

「ねぇ…もう無理。オチンチン欲しい…」

人妻がおねだりをしてきたので、そのまま生ハメ。

お互いに夢中で腰を振っていました。

「あん、あん、気持ちいい…私…イク…」
「俺もヤバイかも…
すごく気持ちいいよ。」

「一緒に、ねぇ一緒がいい!」
「わかったよ。
気持ちいいから、このまま中でイっていい?」

「中はダメだよ…いや。
お願い抜いて、ダメっっっ!」

ギリギリのところで慌てて回避しましたが、勢い余って顔射してしまいました(笑)

顔射された人妻
顔射された人妻

ローター狂いの淫乱人妻とセフレの関係に

この日がキッカケで、彼女とセフレ関係に。
見られて興奮する性癖に目覚めちゃったようです。

最近では、結婚指輪を見せつけるようにオナニーするのがお気に入り。
なかなかの変態妻です。

ローターは家に持って帰れないので、私と会った時には必ず使っています。

「すっかりスケベになったね」

そう耳元で囁くと、全身を真っ赤にしながらおねだり。

「もっと…もっと見てください…」

恥ずかしい姿をさらして哀願します。

ローターでイって敏感になった人妻
ローターでイって敏感になった人妻

彼女とデートをするのは、2ヶ月に1回ペース。
家が近くて施設でも顔を合わせるので、頻繁に会うとバレるリスクがあります。

ただ会った時は思い切りセックスするので、丁度いい距離感ですね。

彼女も欲求不満を解消できて、旦那や義両親に優しく接する事ができるようになったとか。
娘さんにも「お母さん、綺麗になった」と褒められているそうです。

結果的には、家庭の平和に一役買えたような気がしています(笑)

とは言え、不倫は不倫。
バレないように細心の注意を払って、関係を続けていきたいですね。

コメントを残す

コメントは手動承認となります。すぐに公開されませんので、ご了承下さい。
の項目は必須項目です。